株式会社スポーツライフプラネッツ 文字サイズ
会社案内 |  お問い合わせ  |  サイトマップ

ウェーダー補修ボンドの使用方法

引っかき傷・切り傷・穴の補修まで可能です。
*詳しくは、商品に記載されている注意事項をお読みください。

(補修例)

左が補修前 → 右が補修後



補修手順


(1)
補修前に汚れ、油などを落とし、乾燥させてください。
(必要に応じて、シンナー等で油等を落としてください)

(2)
傷、穴の大きい場合は粘着テープ等で裏打ちしてください。
(硬化後は剥がしてご使用ください。)

(3)
ウェーダー補修ボンドを補修部に塗る。

(4)
ボンドを補修部に塗る際へら等を使用するとボンドをすり込み易くなります。
(ヘラは付属しておりません)

(5)
補修部からはみだしたボンドを整えて、硬化させる。

(6)
液ダレ防止の為、ボンドが硬化するまで補修部を水平に保ち、動かさないようにしてください。

ダイワお客様センター 0120−506−204
受付時間/9:00〜17:00(土・日・祝祭休)
リンクについて | 個人情報保護方針
ダイワFISHING 株式会社スポーツライフプラネッツAll rights reserved.